MENU

ムダ毛というより肌荒れとの闘い

ムダ毛というより肌荒れとの闘い

 

ここ最近で、一番失敗したな〜と思ったのが、カミソリと毛抜きを合わせた脱毛でした。はっきり言ってやりたくないので、服装で隠せる時は極力脱毛処理をしない私。でも、どうしても翌日はこの服が着たい!と思うことってありますよね。買ったばかりのスカートを履きたくて、急いで脚の脱毛処理をしてしまったんです。

 

取り敢えず、家にあるカミソリで剃ってから、残りは毛抜きでもいいやと軽く考えていたのが大間違い。全然綺麗に剃れないのです。使い込み過ぎて、刃が全く役に立たなかったのかもしれません。とにかくあちこちに短い毛が残って、何度刃をあてても意味がありませんでした。

 

ムダ毛を剃ったというよりは、ただ肌を引っ掻いて傷めてしまいました。仕方がないので、次は毛抜きで1本1本抜いていくしかありません。就寝前、ウトウトとしながら脱毛処理を再開しました。

 

これが本当に痛くて、時々プチっという音もします。1mmあるかないかのムダ毛は摘まむだけで大変です。毛抜きが滑ったり、肌を摘まんでしまったり。痛みに加えてイライラと闘いながら脱毛すること、なんと1時間。ようやく両脚の脱毛が終わりました。

 

結構大変だったのに、脚を見ると、報われないなとガッカリしました。カミソリのせいか肌は全体的に赤く腫れているし、毛穴は炎症を起こしているのか赤く盛り上がっていました。所々、出血もしています。これ以上どうしようもないので、染みる脚に保湿クリームだけ塗り、翌日は赤みが引いているのを期待して就寝したのです。

 

翌朝、ヒリヒリとした肌の痛みは引いたのですが、ポツポツと赤い点々が見える脚は痛々しいことこの上ありませんでした。ムダ毛がなくなっただけで、何だかとても肌が汚く見えたんです。当然その日はお気に入りのスカートも履けず、普通のズボンを履いて出勤しました。

 

ムダ毛というか、肌荒れの方に悩まされた今回の脱毛処理。この後1週間は毛穴が赤いままだったので、今後は気をつけたいと思っています。